ピアノと冒険の記録

ドイツ留学4年目に入ったので、何か形に残るものを始めようと思い立ち、ブログを始めました。

目次
Goethe Zertifikat B1 独学攻略法
ドイツ旅行・留学 おすすめの持ち物
音楽用語のドイツ語が学べる便利な本

ブダペスト③ カフェ・レストラン・バー

f:id:harukawatanabepiano:20191014042257j:plain

(こちらは下記に説明するPárisi Cafeです。)

 

ハロー! 

今回は、前回に引き続きブダペスト関係で、私が実際に行ってみて感動したカフェとレストラン、バーについて書こうと思います。

 

 

カフェ

Café Gerbeaud または Gerbeaud Bistro

(こちらはカフェ兼レストランです)

f:id:harukawatanabepiano:20191014054656j:plain

(住所 : Budapest, Dorottya u. 1, 1051 Hungary)

 

ブダペストで人気のカフェ兼レストランです。

メニューは、軽食からステーキまで豊富に揃っています。

 

f:id:harukawatanabepiano:20191014054930j:plain

観光シーズンは混雑が予想されますが、とにかく内装とケーキがとても美しいので、ぜひ訪れてみてほしい場所です。

f:id:harukawatanabepiano:20191014055021j:plain

 

Párisi Cafe

f:id:harukawatanabepiano:20191014042149j:plain

(住所 : Budapest, Andrássy út 39, 1061)

最近までずっと閉まっていて改装工事を行っていたカフェだそうですが、ごく最近リニューアルオープンしました。

まるで王宮のような空間で豪華に見えますが、リーズナブルな値段でコーヒーとケーキなどが楽しめます。

f:id:harukawatanabepiano:20191014042407j:plain

写真は、ブルーベリーケーキとコーヒーです。

どのくらいリーズナブルかと言うと、ケーキは1290 Ft、エスプレッソ・マキアートは700 Ft、普通のエスプレッソは650 Ft、サービス料は10%で264 Ftでした。

 (ちなみに2019年10月31日現在、1フォリント0.37円です。)

 

ランチの後で食べきれなそうだったので、ホストマザーと半分こしました。

ウィーンの伝統的なカフェにどことなく雰囲気が似ています。

 

入り口は、映画館の入り口のような、デパートのような、少しわかりにくい外観になっているので、中にこんな綺麗なカフェがあるとは予想できません。

住所を知っていないと、ここに辿り着くことはできないでしょう。

 

本当にオススメの美しいカフェなので、行ってみたい方は住所の確認を忘れずに…!

Madal Cafe 

f:id:harukawatanabepiano:20191014180129j:plain

(住所 : Budapest, Alkotmány u. 4, 1054)

 

では3つめ。

こちらのカフェは、5年前に知り合ったピアニストの友人が連れて行ってくれました。

 

ちょうどそのような時間帯だったのか、たくさんのカップルたちが手を取り合って会話をしていました。

 窓際で勉強していらっしゃる方も見かけました。

 

少し裏路地に位置しているためか、広い店内の中はそこまで混雑しておらず、落ち着いた空間が漂っています。

清潔感のあるカフェでした。

 

ブダペストにいるのであれば、スターバックスよりもここで勉強したいと個人的には思いました。

 

レストラン

ブダペストのレストランは、あまりハズレなくどこも美味しい印象です。

その中でも、感動的に美味しかったお店を1つご紹介します。

Trófea Grill 

f:id:harukawatanabepiano:20191014180338j:plain

(住所 : Budapest, Margit krt. 2, 1027)

ホームページ : trofeagrill.eu

 

ホストマザーのお気に入りのレストランです。

とても人気の高いレストランなので、事前予約が必要です。

(私たちはランチの時間帯に行ったのですが、2日前に予約を取りました。)

f:id:harukawatanabepiano:20191014180543j:plain

最初に飲み物をオーダーした後は、バイキング形式になっています。

私たちはシャンパンを頂きました。

f:id:harukawatanabepiano:20191014180803j:plain

すべてとても美味しかったです。

お寿司も2種類あり、1つはサーモンと、もう1つは和風の味が付いたシイタケなどが入っていました。

 

f:id:harukawatanabepiano:20191014180505j:plain

ステーキやお魚を選んでその場で焼いてくれるコーナーもあります。

ステーキと、ライムの入ったお魚を頼んでホストマザーと半分こしたのですが、こんなに美味しいものは久しぶりにいただきました。

 

f:id:harukawatanabepiano:20191014180712j:plain

こちらはフライドポテト、ハッシュドポテト、唐揚げ等です。

美味しいですがすぐにお腹がいっぱいになってしまうので注意。

 

f:id:harukawatanabepiano:20191014180626j:plain

食後のデザートには、たくさん種類の果物とケーキなどがあります。

 

f:id:harukawatanabepiano:20191014181320j:plain

この他にも、写真は取っていないのですが、ハンガリーには伝統の甘いベリー系スープが存在します。

メイン料理の前のスープとして飲んでも、デザートとして飲んでも良いようです。


どれもとてもとても美味しかったです。

場所はトラムの駅「Margit híd」の目の前に位置しています。

 

とってもオススメです!

月曜日〜金曜日 : 12:00〜24:00

土曜日・日曜日 : 11:30〜24:00

予約 電話 : +36 1 438 9090 または +36 20 999 7708

予約 メール : trofeamargithid@gmail.com

(情報は2019年のものです)

 

バー

・360 Bar

 

f:id:harukawatanabepiano:20191014044634j:plain

(住所 : Budapest, Andrássy út 39, 1061)

ウェブサイト : 360bar.hu

 

写真は、昼間の「360 バー」から撮ったものです。

昼の間はレストランやカフェのような雰囲気でオープンしており、バーガーなどのメニューもありました。

 

今回は夜、行くことができなかったのですが、とても夜景が綺麗なのだそうです。

屋上は屋根がないので、天気の良い日に行くと良いかと思います。

f:id:harukawatanabepiano:20191020062426p:plain

ちなみに、バーへ向かうエレベーターの中にはインスタ映えの鏡が設置されています。

ホストマザーと記念にパシャリ。

 

 

開店時間

月・火・水 : 2:00PM – 12:00AM

木・金・土 : 2:00PM – 2:00AM 
日 : 2:00PM – 12:00AM

 

◦BAR◦ PHARMA

(住所 : 1075 Budapest, Kazinczy utca 35.)

bar@barpharma.hu

 

ブダペストのような大都市の醍醐味といえば、豊富なナイトライフの過ごし方。

ホストマザーのご友人がバーテンダーをしていらっしゃる場所に連れて行っていただきました。

f:id:harukawatanabepiano:20191020042806j:plain

ここには日本のウィスキーもあります。

店内は小さめで混雑時もありますが、比較的落ち着いた空間で美味しいカクテルを作っていただけます。

f:id:harukawatanabepiano:20191020042814j:plain

暗い店内でフラッシュを焚いて撮ったので、残念なことに見栄えがあまりよろしくないのですが…

アルコールが少し苦手な私は、フルーツ系(グレープフルーツや桃系)のソフトドリンクを作ってもらいました。

 

上にはチリとマシュマロ、きゅうりが乗っていて、ハンガリーらしいオシャレ感でした。

オーダーの際に、「フルーツ系で、入れて欲しくない果物はコレとコレ。」のように言うと、あとはバーテンダーのオリジナルで写真のように作ってもらえます。

 

各来客ごとにピーナッツとお水をいただけるのですが、美味しかったです。

途中から、結婚式前夜に最後の独身パーティーをしに来た方々で大騒ぎになったのですが、それも良い思い出になりました。

 

感謝

5年前のちょうど今頃、私はハンガリーでこのホストファミリーにお世話になっていました。

こんなに素晴らしい環境で勉強することを、全力で、しかも無償でサポートしてくださったことを、心から感謝しております。

 

新たに何か良い報告を持って、ハンガリーのファミリーのところを、また訪ねられたらと思っています。