ピアノと冒険の記録

ドイツ留学4年目に入ったので、何か形に残るものを始めようと思い立ち、ブログを始めました。

目次
Goethe Zertifikat B1 独学攻略法
ドイツ旅行・留学 おすすめの持ち物
音楽用語のドイツ語が学べる便利な本

1泊2日でトリノ観光

1泊2日でトリノのおすすめスポットを周る

 

7月の終わりに、トリノへ行ってきました。

とても良かったトリノの観光名所と、いくつかの豆知識を紹介します。

 

実際に、私が1泊2日の間に行った順で掲載しています。

観光プランの参考になれば嬉しいです。

 

参考までに...私はPorta Susa駅のすぐ近くの友人宅に滞在させていただきました。

宿泊場所は、空港、駅への便が良く、かつ市街地へ徒歩圏内のPorta Susa駅かPorta Nuova駅のそばにすると良いでしょう。

 

 

カステッロ広場 Piazza Castello

(住所 : Piazza Castello, 10121 Torino)

f:id:harukawatanabepiano:20190827205009j:plain

トリノの観光のスタート地点のおすすめは、歴史的建造物に囲まれたカステッロ広場が最適です。

昔は、王家の出入りに神々しく使われていた広場だったのでしょう。

 

現在では小さな噴水が点在し、市民や子供たちの憩いの場所となっています。

 Porta Susa駅からは徒歩20分ほど、Porta Nuova駅からは徒歩15分ほどです。

 

マダーマ宮殿 (市立古典美術館) palazzo Madama

(住所 : Piazza Castello, 10122 Torino)

f:id:harukawatanabepiano:20190827205052j:plain

歴史を感じる数々の美術が内蔵されています。

綺麗な中庭や、目の前に広がる有名なカステッロ広場をはじめとするトリノ全体が見渡せる展望台があります。

f:id:harukawatanabepiano:20190827205128j:plain

 

 

Monte Dei Cappuccini

(住所 : Piazzale Monte dei Cappuccini, 3, 10131 Torino)

f:id:harukawatanabepiano:20190827205151j:plain

市街地から見て、ポー川の向こう側に凛と立っているのが、モンテ・デイ・カプチーニ教会です。

後期ルネッサンス様式の美しい建物で、カトリック教会です。

無料で入場できます。

f:id:harukawatanabepiano:20190827205755j:plain

 

 

伝統カフェ「フィオリオ」Fiorio

(住所 : Via Po, 8, 10124 Torino)

f:id:harukawatanabepiano:20190827205850j:plain

こちらでは、トリノ名物ドリンク「ビチェリン」を楽しめます。

ミルク、ホットチョコレート、エスプレッソの混ざった、コーヒーのような、ココアのような、パフェのような甘い味のドリンクです。

 

f:id:harukawatanabepiano:20190827205828j:plain

お店によって少し味の異なるこの伝統的な「ビチェリン(Bicerin)」ですが、トリノ在住のイタリア人のおすすめはここ、「フィオリオ」というカフェです。

ここ《Fiorio》は、イタリアの初代首相カミッロ・カヴールが訪れたカフェとしても有名です。

 

f:id:harukawatanabepiano:20190827205904j:plain

 

国立映画博物館

英語 : National Museum of Cinema

イタリア語 : Museo Nazionale del Cinema

(住所 : Via Montebello, 20, A, 10124 Torino)

 

トリノのおすすめ観光スポットといえば、必ずと言って良いほど挙げられるのが、この国立映画博物館です。

国立映画博物館のサイトはこちら

The National Museum of Cinema

 

自分が映画の主人公になったかのように映画のセットを使えるブースがあったり、ホラー映画を上映している場所があったり、日本発祥の絵文字の文化を紹介している場所があったり、大人から子供まで楽しめる博物館です。

館内がとても広く、1日で見切れないくらいたくさんの展示があります。

 

途中の大きなお部屋にたくさんソファのような椅子が並んでいます。

そこで休憩可能です。

 

f:id:harukawatanabepiano:20191004220705j:plain

 映画のワンシーンのような写真を撮れる場所もあります。
インスタ映えする写真を撮りたい方にもお勧めです。

 

モーレ・アントネッリアーナ(展望台)

Mole Antonelliana

f:id:harukawatanabepiano:20190827205714j:plain

国立映画博物館の上は、細く天へ高く伸びる塔が伸びています。

そこへはエレベーターで上ることができます。

 

トリノの町全体が見渡せる場所になっています。

通常エレベーターは人気で混雑しているため、長い待ち時間を想定しておくと良いでしょう。

 

混んでいる日はとくに、長い時間待つことになるので、あまり時間がない場合には省いても良いかもしれません……。

長い時間待ってでも、大切な人と塔のてっぺんで写真を撮りたい人や、展望からの景色をどうしても見たい人にとっては、きっととても素敵な思い出になるでしょう。

 

 

美味しすぎるピザ屋さん Pizzeria Ⅳ Marzo

 (住所 : via Ⅳ Marzo, 8B, 10122 Torino)

f:id:harukawatanabepiano:20190827210030j:plain

観光客が主に集まる大きなレストラン街に位置しています。

私は少し体が小さめからなのでしょうか、ピザ丸々1枚では少し大きすぎるように感じました。


女子3人旅であれば、3人で2枚くらいのオーダーをお勧めします。
庶民的な価格で、とても美味しい本場のピザを味わえます。


個人的には、チーズが入っているピザが美味しかったです。
チーズがふわっふわで驚きました。

 

Corner Caffè

(住所 : Corso Vittorio Emanuele II, 100, 10121 Torino)

朝食に、美味しいクロワッサンとコーヒーを頂きました。

f:id:harukawatanabepiano:20191004003246j:plain
現地の方々にとても愛されているカフェだそうです。

ケーキやパンひとつひとつがとても可愛かったです。

 

 

近現代の市民美術館

英語 : Civic Gallery of Modern and Contemporary Art

イタリア語 : Galleria Civica d'Arte Moderrna e Contemporanea (通称GAM)

(住所 : Via Magenta, 31, 10128 Torino)

f:id:harukawatanabepiano:20190827210059j:plain

木が横倒しになっている作品がドーンと入り口あるのが目印の現代美術館です。

いわゆる現代美術館ですが、アバンギャルドの作品の中にもどことなくイタリアらしい作品の雰囲気を感じます。

 

意味の分からない作品から、何か心に残る作品がたくさん展示され、今後の芸術文化をどのような形に変えていくのか、そして残していくのか、考えさせられる時間になります。

芸術分野に興味を持つ方にはお勧めできるスポットです。

 

いくつか展示作品を紹介します。

Lucio Fontana

f:id:harukawatanabepiano:20190827210142j:plain
元々彫刻家だった彼は、ペイントの代わりにキャンバスに穴を開け、絵画を立体化しました。

「立体感のある絵画」というコンセプトは、彼が確立したそうです。

 

f:id:harukawatanabepiano:20190827210131j:plain

いますね、こういう方。

筆者目線、確実に思い当たります。

 

f:id:harukawatanabepiano:20190827210127j:plain

緑に埋め尽くされた自転車。

本当にドイツの図書館の自転車置場で実際にこんな自転車を見たことがあったので、デジャブでした。

 

トリノ国際空港から市街地へ

(Malpensa airport)からは「セダム」バスがお勧めです。

イタリア人の友人が教えてくれて知ったのですが、空港からは電車やタクシーで来るよりも、《SEDAM》バスと呼ばれる水色や黄緑色のバスなどで市街地へ出るのがお勧めです。

 

金銭的にも、時間的にも節約でき、30分~50分ほどで市街地に出ることができます。

SADEM

 

市内中央のPorta Susa や Porta Nuovaまで6,50ユーロで行くことができます。

タイムテーブルはこちらです。(2枚目のPDFが、空港からの時刻表になっています。)

http://www.sadem.it/media/6355/000268.pdf

 

空港内にチケットを買える券売機があるので、そこで購入してください。

バス内で購入することもできますが、1ユーロ高くなります。

(2019年8月現在)

 

トリノへはスニーカーで行くべき

石畳が続き、観光スポット内もたくさん歩き回ることになるので、必ず快適なスニーカーを持参することをお勧めします。

 

ドイツからのフリーSIMが使えた件

私自身はドイツ在住で、現地のプリペイドSIM「O2」を使用していますが、基本的にヨーロッパ各地で問題なく電波があり、料金もドイツ国内とさほど変化なく、通常通りに機能していました。

インターネット、電話、SMSすべて問題なく使えました。

 

日本からいらっしゃる場合には、グローバルwifiを持っていらっしゃる方法が1番簡単で手っ取り早く、金銭的にも節約できるかと思います。

他にも、iphoneを使用なさっている方はSIMロックを解除して、日本の海外専用SIMを購入するか、イタリア現地でプリペイドSIMを買うのが格安ですが、何かと多くの手間がかかることと思います。

 

思い出

素敵な時間を過ごさせてくれたトリノの友人に感謝です。

彼女とは、5年ほど前にロンドンの語学学校にて知り合いました。


お互い英語を勉強している身でした。

彼女はこの5年の間、エラスムス(奨学金の交換留学プログラム)を使ってスペインで文学系の修士課程を終え、教師になっていました。


こうやってずっと連絡を取り合って、お互いの成長をお互い見守り合い、一緒に成長していける友人を持つことができたことに感謝します。

余談ですが、Porta Nuova駅にはアップライトピアノが設置されており、だいぶ壊れてはいますが(例えばペダルは全く機能しません。)自由に弾くことができます。

f:id:harukawatanabepiano:20191004220700j:plain

 

ちなみに、私は友人のリクエストで、10年ぶり(?)くらいにトルコ行進曲を弾きました。

f:id:harukawatanabepiano:20191004220713j:plain

また会いに行けるように、日々頑張ろうと思います。