ピアノと冒険の記録

ドイツ留学4年目に入ったので、何か形に残るものを始めようと思い立ち、ブログを始めました。

目次
Goethe Zertifikat B1 独学攻略法
ドイツ旅行・留学 おすすめの持ち物
音楽用語のドイツ語が学べる便利な本

アメリカ体験記③ ラフマニノフと蛍と友人

朝5時。
モォォォォォ〜!!
「今の、何の音?」「聞こえた?」

隣の広すぎる農場に放牧されている、大量の牛が移動する地響きと鳴き声で私たちは起こされる。

 

お返しとばかりに、「ライラック」寮の女子たちで

「スリー、トゥー、ワン!」
「モォォォォォォォ!!!!!」とやり返す。

牛は何も聞こえなかったかのように、えんえんと草を食べ続けている。

 

f:id:harukawatanabepiano:20190615170115j:plain

こんな感じ




そんな風に7月が始まり、シマリスが練習室の周りを追いかけっこしていたり、シカが静かに小屋のそばで練習を聞いていたりした。

7月3日には、自主的にラフマニノフのチェロソナタのリハーサルを始めた。

 

私はこの曲が大好きである。
何度でも弾きたい。

 

正直なところ、ピアノコンチェルトよりも好きだ。

将来への不安や、郷愁、桜の散るような場面、川の流れ、普遍的なもの、変わりゆくもの、愛情が散りばめられ、ラフマニノフらしさに溢れている。

 

1回目の合わせで、何も違和感がなく、ひたすら音楽を楽しめたのはこれが初めての経験だった。

あぁ、すごい室内楽パートナーに出会えた、という第一印象だった。

 

チェリストは、本当に素晴らしかった。
彼は私より5歳も若く、いわゆる天才肌である。

 

ほとんど練習せずとも、もうそこに完璧なテクニックや音程と、音楽性が完成されているのである。

とは言っても、小さい頃に血が滲むような努力をしたのだろうけれど。


彼の名前はジェリー。
サンフランシスコに住んでいる中国人である。

 

彼の演奏は若さに溢れていて、いつも「もっとセクシーに弾きたい」と言っていた……。

Sonata in G Minor for Cello and Piano, Op. 19: III. Andante

Sonata in G Minor for Cello and Piano, Op. 19: III. Andante

  • Yo-Yo Ma & Emanuel Ax
  • Classical
  • USD 0.99
  • provided courtesy of iTunes

 


その晩、生まれて初めて、私は蛍を見た。
小さな小さな光が、森の中でほのかに点滅していた。


この週、初めて私はアレクサンダーテクニックも学んだ。

このテクニックは考え方や意識を高めることを目ざすもので、結果として演奏が楽になるのだ。


指の生えているところから動かす意識でいると指を動かしにくく、手のひらから生えていると思うと動かしやすい。

こういった基礎的なことを、英語でもう一度、頭と身体に刻み込める、大切な機会だった。

 

一方、ヴァイオリストのスージャンと私はチャイコフスキーのトリオを自主的に楽しむために弾き始めた。
チェロは、メキシコから来た子が参加してくれた。

 

初見で合わせてみたり、アルゲリッチとミッシャマイスキー、ギドンクレーメルの素晴らしい音源を一緒に聴いたりした。

 

Piano Trio in A Minor, Op. 50: I. Pezzo elegiaco

Piano Trio in A Minor, Op. 50: I. Pezzo elegiaco

  • Itzhak Perlman & Vladimir Ashkenazy
  • Classical
  •  
  • provided courtesy of iTunes

 (iTunesの中に見つからなかったので、アシュケナージの素晴らしい音源をどうぞ。)

 

いつか、スージャンとこの曲を一緒に弾くことが、今の私の大きな目標であり、困難に直面した時の支えでもある。

お互い困ったことがあればなんでも話し合い、助け合える友人だった。

 

スージャンと一緒にいられた期間はこのたった2か月だったものの、友達とは 一緒にいる時間の長さではなく、どこにいても、何をしていても、ただ変わらず友達で居続けてくれるものなのだと、教わった気がする。

アメリカから帰ってきて2年経った今も、変わらず連絡を取り合っている仲である。

 

ひたすら前に進み続ける彼女を、心から尊敬している。

 


つづく